良い物件を見つける

街

利回りとは

マンション投資をするなら、利回りの良い物件を選ぶことが大切です。利回りとは、年間の家賃収入をマンションを購入した価格で割ることで計算することができます。

手取り利回りか確認する

利回りには「手取り利回り」と「表面利回り」があります。物件を購入する際は、不動産が明記している利回りがどちらのものか確認する必要があります。表面利回りはマンション経営を維持していく費用が考慮されていないので、正確な収入金額を判断することができないからです。

良い物件を選ぶ

マンション投資を行う際は、まず良い物件を選ばなければ入居者が入ってきてくれる可能性が低くなってしまいます。良い物件選びの基準についてランキング形式でご紹介するので参考にしてみてください。

新着情報

良い物件選びの基準BEST5

no.1

好立地の物件

第1位は「好立地の物件」です。好立地とは、近くにコンビニやスーパーがある、駅から近い距離に建っている、静かな場所など、さまざまな条件があります。生活しやすいという条件に当てはまる物件を選ぶと良いでしょう。

no.2

距離や時間を決める

第2位は「距離や時間を決める」です。駅が近い物件を選んだ場合、駅までの距離はどのくらいなのか、5分以内でたどりつけるのか、3分以内でたどりつけるのかなど、しっかりと距離や時間の条件を決めることが大切です。

no.3

エリア内で必要のない条件は省く

第3位は「エリア内で必要のない条件は省く」です。好立地な物件を探すことも大切ですが、逆のパターンで探すことも重要なポイントです。あまり条件を厳しくすると物件を探すことが難しくなってしまうので、この場所に住んだらこの要素は必要ないなど、購入するエリアで必要のない条件を省いて探すという方法があります。

no.4

住む人の目線で選ぶ

第4位は「住む人の目線で選ぶ」です。自分が住みたい部屋を選ぶことも良いですが、一番はその部屋に住む人はどういうタイプの人が多いのか知ることが大切です。例えば、1人暮らしのサラリーマンなどは駅や勤務地が近いことを条件に探します。家族で住む場合は日当たりがよく、公園や学校が近いといった条件が人気なのでそういった目線で選ぶと良いでしょう。

no.5

築年数を確認する

第5位は「築年数を確認する」です。築年数が新しい物件は人気ではありますがその分値段も高くなります。ですので、築年数を確認する場合は、1981年以降の物件を選ぶと良いでしょう。なぜなら、耐震基準が新しく定められたのがその頃で、地震に強い物件だからです。

[PR]

イーキャピタルの特徴を徹底解説!
株式投資をはじめる前にcheck!

不動産投資セミナーに参加しよう!
簡単に登録できる★ マンション経営に必要な知識を一挙大公開♪
定期的に専門セミナーを開催! 投資マンションを売却時の注意点を解説!
損失を少しでも減らそう☆ 海外fx口座比較を要チェック!
有益な情報が満載☆

[PR]

広告募集中