リスクと回避方法|マンション投資で大切な物件選びについてご紹介します!

マンション投資をするなら

マンション投資を成功させるには、まずはリスクを理解しておかなければなりません。こちらでは、マンション投資におけるリスクとその対策方法について、ランキング形式でご紹介していきます。

マンション投資のリスクBEST5

no.1

借金のリスク

第1位は「借金のリスク」です。マンション投資をする中で一番のリスクが借金です。入居者が支払う家賃で借金の返済を行っていると、その入居者が滞納したり、空室が増えたりすることで、借金を返済することができなくなります。それを回避するためには、マンションを購入する際にその購入金額全てを借金しないという方法です。購入金額の40%ほどは借金にし、残りは現金で支払っておくと、その後の家賃収入で借金を返していくことができるでしょう。

no.2

空室のリスク

第2位は「空室のリスク」です。空室ができてしまうと、入居者がいないので家賃収入が減ってしまいます。そうならないために、立地の良いマンションを選ぶようにしましょう。都心であったり、駅やコンビニが近かいマンションはとても人気があるため、空室ができてしまうことを防ぐことができるでしょう。また、部屋の間取りでも大きく変わってくるので、生活しやすいマンションを選ぶようにしましょう。

no.3

滞納のリスク

第3位は「滞納のリスク」です。この滞納はとても厄介なもので、時間が経てば経つほど金額も増えていき、入居者は支払うことができなくなってしまいます。このような滞納のリスクに悩まないためにも、滞納保証のある管理会社を選ぶことをおすすめします。滞納が発生してからの金額を全て保証してくれる会社もあるので、そういった管理会社を選ぶと安心ですね。

no.4

資産価値が低下するリスク

第4位は「資産価値が低下するリスク」です。築年数が増えるにつれ、資産価値は低下していってしまいます。この資産価値の低下をなるべく防ぐためには、好立地の物件や、オートロックの完備された物件、生活しやすい部屋の間取りである物件を選ぶと良いでしょう。

no.5

家賃価格が低下するリスク

第5位は「家賃価格が低下するリスク」です。この家賃価格は、資産価格と同様で、物件のリッチや間取りで低下する金額が変わってきます。好立地の物件、間取りの良い物件を選ぶことで家賃の価格低下も抑えることができるでしょう。特に、バス・トイレ別といった条件が大きく関わってくるようです。

リスクと回避方法

マンション

自然災害によるリスクもある

ランキングで紹介したリスクの他に、自然災害によるリスクも心配しなくてはなりません。地震は、いつ起こるのかわからないものです。その地震のリスクに備えるには、地震に強い耐久性のある物件を選ぶ、地盤が悪い場所は避ける、投資用のマンションをエリアごとに分けるといった方法などがあります。

火災にも備える

火災によるリスクも考えておかなくてはいけません。まず第一に、鉄筋コンクリート造の物件を選ぶようにしましょう。木造の場合、火災が起こった部屋以外にもすぐに炎が燃え移ってしまう危険性があります。この火災を最小限でおさえるためにも、燃えにくい素材である鉄筋コンクリート造のマンションを選ぶことをおすすめします。

最後に

マンション投資についてのリスクをご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。こういったリスクを理解し、回避する方法を見つけておくことで、マンション投資を成功させることができるのです。

広告募集中