不動産投資の種類|マンション投資で大切な物件選びについてご紹介します!

不動産投資の種類

模型

マンション投資の仕組みを理解する

マンション投資とは、儲けを出すことを目的に行われるもので、不動産からマンションを購入して、入居者から家賃収入を得るといった経営以外にも、購入したマンションの物価が上がった場合に売却して差額の収益を得るという方法があります。

一棟マンション

不動産投資にはさまざまな種類があります。一棟マンション投資とは、マンションをまるごと一棟購入して投資することで、とても高額な投資になります。部屋数によって金額が変わってくるので、億単位のマンション投資もありますし、1億円以内で投資をすることができる物件もあります。

アパート

マンションよりも小規模で投資することができるのがアパート投資です。一棟マンションと同じようにアパートをまるごと購入する方法ですが、マンションの部屋数や広さなども小規模なので、管理がしやすくそれほど投資価格も高くありません。

一戸建て投資

一戸建て投資は、マンションやアパートとは違って、家を一軒購入することをいいます。家に投資するとなると、入居者が入らなければ家賃を得ることはできませんが、シェアハウスなどとして使用することができればその分利益を得ることができます。

まとめ

不動産投資には、マンション投資以外にもアパート投資や一戸建て投資、コンテナ倉庫投資など、さまざまな投資方法があります。マンション投資にも種類があり、マンション一棟をまるごと購入する以外にも一室のみを所有する方法があります。このように自分の予算に合わせて物件を選ぶことをおすすめします。

広告募集中